U-tecホームへ戻る English
企業情報事業紹介技術情報製品情報CSR採用情報ユーテックグループ
HOME > ユーテックグループのCSR > 環境保護 > 廃棄物削減の取り組み
ユーテックグループのCSR
ユーテックグループCSR行動憲章
お客様満足のために
ISO/OHSAS認証取得事業所
小集団活動を通じて品質改善
お客様の情報を安全に守ります
環境保全
省エネルギーへの取り組み
廃棄物削減の取り組み
生活環境への配慮
環境配慮設計
社会の一員として
社会貢献活動
一人ひとりがいきいきと働けるための環境づくり
研修・表彰制度
労働安全衛生活動
行動計画

 免責事項
環境保護
廃棄物削減の取り組み
ユーテックグループでは、排出物の有価物化やリサイクルを推進することで、廃棄物の削減に取り組んでいます。
廃棄物は「混ぜればゴミ、分ければ資源」といわれるように、適切に分別すれば再度資源として利用できるものも多数あります。ユーテックグループでは、排出者の責任を果たすべく各社で活動を実施しています。

各社取り組み
有価物化事例
廃トレイ、廃段ボールの有価物化
株式会社ユーパックでは、段ボールやトレイの有価物化に取り組んでいます。
段ボール 段ボールの抜きクズや不良品、廃棄品を断裁しエアーで処理室まで搬送します。集められた段ボール屑は、油圧シリンダーで圧縮されて、番線で自動結束され一塊約300sのブロックになります。ブロックが一定数量溜まったら、契約しているリサイクル工場へ送り、再びダンボールの原料に生まれ変わります。
トレイの材料であるPP(ポリプロピレン)の抜きクズや試作品、不良品などを粉砕機で粉砕し、微小なチップにします。粉砕されたPPチップはフレコンバッグに蓄積し一定量が溜まれば、契約しているリサイクル工場へ送ります。細かく粉砕することでリサイクルが容易になります。 トレイ
ストレッチフィルムの有価物化
商品の包装などに利用されているストレッチフィルム(包装フィルム)を徹底的に分別することで、有価物化しています。
現在では、ストレッチフィルムを扱うグループ各社で有価物化しています。

3R活動の推進
株式会社ミエテックでは、製造工程からの排出段階で徹底した分別を実践することで、3R活動(Reduce:廃棄物の発生抑制; Reuse:再利用 Recycle:再資源化)に取り組んでいます。
3R活動 3R活動の実践により、廃棄物の排出抑制、有価物率の向上が実現されました。
廃棄トナーの有価物化
株式会社ロジックス横田工場は、産業廃棄物として廃棄トナーを排出しています。しかし、廃棄トナーの分別徹底を開始したことで、有価物として処理することができるようになり、廃棄物量が減少しました。
リユース事例
トレイのリユース事業
株式会社ユーパックでは、液晶パネル輸送用トレイのリユース事業に取り組んでいます。従来、トレイは1回限りの使い捨てでしたが、資源の有効利用を考え、現在ではトレイのリユースシステムが構築されています。
ユーテックグループでは、液晶に関連するグループ各社でトレイのリユースシステムを推進しており、ユーパックで製造されたトレイは、グループ各社で利用された後にユーパックが回収し、清掃処理等を経て、再度発送されます。
トレイのリユース
リユースシステム
環境配慮製品の導入
環境配慮製品の導入
ユーテックグループは、メーカーからの購入品についても、環境に配慮した製品を導入しています。
・ECO防塵服(ペットボトルリサイクル品)
飲料容器として大量に消費されるペットボトル。大部分が廃棄物として捨てられたり、焼却されていました。これをポリエステル繊維の原料としてリサイクルすることで、容器の回収率も年々向上し、繊維原料としての再利用率も向上しました。


ペットボトルリサイクル1.8リットルのペットボトル約13本からクリーンウェア1着(カバーオール)が出来る。
ペットボトルリサイクル
・防塵服のリサイクル
使用済で不要になった防塵服は、製造メーカーにより回収・選別され、マテリアルまたはサーマルリサイクルされます。 防塵服のリサイクル
 
このページのTOPへ
 
お問い合わせサイトポリシーサイトマップ
(C)Copyright U-TEC all rights reserved.